« イライライライラ・・・ヽ(`Д´)ノ | トップページ | シンジラレナ〜イw( ゜o゜)w »

2006年10月28日 (土)

賃貸開発営業手記(2)俺を営業に連れて行け

第2話【詰める!締める!】

 

あの忌まわしい出来事から一年程経った28歳の夏の出来事です。

 

途中からの方はコチラからお入り下さい

 

あの後営業活動は気持ちが乗らず軽くスランプに。 それと会社の物件もいくつか新築があったのでそれらに終われ・・・ 業務が一段落して、そろそろ新規獲得の営業に出掛けねばと思い始めた頃、 チャンスが到来しました。

 

案件は今回も下北沢。駅から歩いて5分もかからない場所、 出だしが遅かったんで半ば諦め半分でオー ナーのお宅へ電話。

 

 

 

「何社かは来ているけどまだ決まってはいないのよ」との事。

 

 

 

電話を切り早速訪問「あら、あなた早いわね」オーナーは女性。

 

 

 

 

住所は世田谷区の一等地。苗字から歴史のある家柄だと推測。 取りあえずこの日は挨拶だけ。

 

 

 

 

その後何度か訪問する内に、他にもアパートを持っている事が分かる。 そしてそのアパートの管理に対してオーナーは不満げ。管理は仲介で有名な大手。 何でも、担当がコロコロ替わり、毎月管理料はしっかり取るくせに、 なんかある とすぐ料金を請求、その時もゴミ置場のネットを付けただけで一万円以上請求されたとか。

 

 

 

それって、清掃局でタダで貰えるんですけど

 

この一言で火が着いた。

 

 

 

 

そこで、すぐではウチに。 という話だと何だか嫌らしいんで一度クールダウンしてもらい数日後に訪問。

 

 

 

火は鎮火しておらず、大火事状態。

 

 

 

では次回、解約の手続きを取る為の書類を幾つか用意しますので (-_☆)キラリ

 

 

 

 

軽くすったもんだはあったもののアパートの解約は無事終了、こうなれば本丸は すぐ!

 

 

と、ここでオーナーから一つ要望が。元々このオーナー、 下北沢に土地は持っていたけど行く機会はほとんどなく地鎮 祭で一度行ったきり。

 

 

 

こちらの管理物件の視察も含めて案内して欲しいと。 o(^o^)oお安い御用です!

 

 

 

ここまで来たら王手も同然、 いや待て王手飛車獲り位に留めておこう

クロージングまでは、案内を含めて後ニ手、いや三手で行こう。

 

 

 

 

案内を数日前にしたある日、 事務所内でコソコソと航空写真と案内する物件の概略を作成しておりました。 ただ狭い事務所です。 社内にいるときは株か社員観察が主な仕事のTの目に留まるまで時間はかかりませんでした。それは会社の情報だろ。 誰に断って誰に渡そうとしているんだ取調べが始まりました。ったくゲスの勘繰りかよ(-_-#)仕方がないので、案件の事を報告。

 

 

 

すぐいこう!すぐ!

 

 

という話に。

 

 

 

 

元々Tは今回の件、まとめるのに何回何十回と行っていた僕を快く思っておらず 、 獲得しかかっているアパートも管理料を以前の管理会社の半額と決めて来た事に対しても腹を立てていたらしく、 そろそろ矢を突き立てる準備をしていたと推測できた。

 

オーナー宅までの車内、

 

なぜ一つの案件にこんなに時間をかけるんだ?と。

 

お前は詰めが甘い。 もっと気合いでいかないと気合で! と。

 

 

オーナー宅へ訪問し軽く挨拶の後、車で下北へ。案内する予定の建物は7棟。一棟目の建物。 オーナーはこの手の賃貸マンションを、中まで入ってご覧になられるのは始めての様で、細部まで説明、

 

「こういった、ドアは付けた方がいいのかしら?」

 

オートロックの事。

 

好き好きです。 しびれを切らした様にTが切り出した。

 

 

2棟目、 3棟目と進む内にTのイライラボルテージは上がっていく

 

 

4棟目が終わり、さあ次の方向へ車を進めた瞬間

 

 

もういいでしょう! 後はみんな同じですよ

 

 

Σ( ̄□ ̄;) またやりやがった

 

 

 

それから帰りの車内は葬式・・・いや、 信じられない事にTは下北沢の駅でオーナーを降ろそうとまでする始末。

 

 

オーナーのご自宅へ戻ってからのTは追い撃ちをかけるようにかん高い声で怒涛の口撃

 

 

うちが1番ですよ、もういいじゃないですか、 決めましょうよ

 

 

「ええ、でもねえ、娘の意見も聞かなくてはいけないし」

 

 

え?でも決められるのは奥様ですよね?

 

 

「でもねえ・・・」

 

 

何でですか?何で? 何で?何で?

 

Tは早口でまくし立てます。 こうした問答がしばらく続きました

 

「銀行の意見も聞いて近日中にお返事します」

 

銀行は関係ないでしょう。 銀行が部屋を借りてくれるんですか?

 

 

 

「でも、今日はそれしか申し上げられませんのでどうかお引き取り下さい」

 

 

車内でナゼカTは意気揚々

どうだよ?俺の詰めは。 ああいうババアはあそこまでやらないと

 

 

ははは。さすがですよね

呆れて物が言えないとはこの事

 

simもあれくらいハッキリ物が言えるようになればな

 

いや~お手本にさせていただきます

悪い方のね・・・

 

 

もうちょっとシメあげてやろうと思ったんだけどな。 次はいけるだろ

 

オマエノクビヲシメタロカイ

(-_-#)

 

 

 

 

 

数日後、オーナー宅へ。アパートを勝手に動かした事を娘にこっぴどく怒られた そうで、 アパートの件は無かった事にして欲しいと。

 

 

 

「まあ、凄い人でしたわね。 やっぱり不動産会社を経営するにはあれ位エネルギーが必要なのかしらね」

 

 

もちろん、マンションの方、前に進むわけは無く銀行紹介の業者に決まった。

|

« イライライライラ・・・ヽ(`Д´)ノ | トップページ | シンジラレナ〜イw( ゜o゜)w »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

業務日誌」カテゴリの記事

コメント

いやあ、すぎさんせっかくコメントをいただいていたのに
レスが遅れてゴメンナサイ。

あまりコメントが無いブログですので見逃していました
(^^;)


これは、5年前に遭遇した出来事だったのですが
この時の事は、あまり思い出したくもないですね^^


そういえば、最近スギさんご無沙汰ですね^^
また下北に来た際はよって下さい^^

投稿: sim | 2006年10月27日 (金) 11:43

こんばんわ。私も営業をしている者なのですが、あのように詰められたらYESの応えでもNOに変わる恐れがあると思います。
私はまだ営業として経験が浅いですが日記を拝見した限りではとても・・・

志○さん、応援してますよ!がんばって下さい。
最近BLOG更新されてますね。拝見させて頂いてます。本当にこの日記は人柄が出ていて和みます。是非続けて行って下さい!!!
今回の件は惜しいですね。あと一息。
今はダメでも来月、再来月はわからないですよね。志○さんの人柄がオーナーさんに繋がっているのなら今回の事を嘆くより、その方がいた事で志○さんのイメージアップに繋がったのではないでしょうか。
まだ今は成功する為のプロセスの1部に過ぎないと思います。

私みたいな小僧がいうのも何ですが。。。。失敗から学ぶ事ってたくさんありますよね。その失敗から学んだ事を後々に繋げていくだけで成功になるんですよ。ただその結果を失敗ととるか成功ととるかは志○さん次第なんです。なので嫌な事があっても決して負けないで下さい。なぜなら将来必ず成功が待ってるからです。応援してます。
もし私が不動産業をやるのなら志○さんのような方の元で働きたいです。本気で。

ちょっと熱く語ってしまいましたがそれではこの辺で・・・・最近ご無沙汰なH○○'○の営業マンより。

投稿: すぎ | 2006年10月24日 (火) 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9813/3923818

この記事へのトラックバック一覧です: 賃貸開発営業手記(2)俺を営業に連れて行け:

« イライライライラ・・・ヽ(`Д´)ノ | トップページ | シンジラレナ〜イw( ゜o゜)w »